雨の日の歩き

普通の雨でも、歩くのはいやなもの。
雨が酷いと、雨水は容赦なく靴の中に入り、靴下を濡らし、不快になる。
その上、つるつるしたタイルの上を歩くと、危ない。
転ぶのはかっこ悪いし、打ち所が悪いと生命にかかわる。ホントにこわい。

昔は、そのものズバリの雨靴というものがありましたが、街を歩くのは不適。

こういう時に、靴用雨具があるといいんだけれどね。たまに、靴をビニール袋に被せて歩いている人がいらっしゃいます。少し格好悪いけれど何もしないよりははるかにマシ。でも、最近はコンビニ袋が有料となり、身近な材料で作成するのはむずかしい・・・

靴の雨具、ある事はあります。まあ、必要になることは年に数回かと思いますが、あれば便利にちがいないです。





スポンサーサイト



検索フォーム

QRコード

QR

コメント

非公開コメント