コロナ禍とマスク

コロナ禍が始まって、もう1年もたちました。

少なくも日本では「マスクをする文化」が根付き、外でマスクしない人は、まるでパンツを履いていない変質者のような目で見られる今日この頃。
息が苦しくて鼻を出していても「きちんとしなさい」と怒られることが当たり前となりました。マスクを一体いつまですれば良いのか?、正直コロナが終息した時までですから、あと4~5年は続くかな、と思っています。

マスクの予防効果はほとんど無い、が通説ですが、少なくも自分がコロナを運んでいるかもと思って、マスクをする。そういう意識が社会に共有されたことは良いことだと思います。しかし、事情があって(アレルギーやアトピーなど)マスクできない人のことも考えてあげたいですね。

さて、これほどまでに身近になったマスクですが、やっとコンビニでも買えるようになりましたが、またいつ品薄になるかわかりません。今の状況だと、おそらく「緊急事態宣言」が再発令されたら、また品薄になるのではないでしょうか?今のうちに、マスクの入手経路をいくつか確保し、ひと月分ほどの備蓄をしておく必要がありそうです。これから長いお付き合いをすることになるマスク。通販などを利用して仕入れておきましょう。

スポンサーサイト



検索フォーム

QRコード

QR

コメント

非公開コメント