Against COVID-19

しつこいようですが、今週はずっとコロナ(Covid-19)特集でいこうと思います。

ところで、こんな話を一度はきいたことがあるでしょう。「スマホの表面は、便器よりも汚い」このことは本当らしく、表面を顕微鏡で見るとものすごい雑菌がついているとか。目で見てもスマホ画面はすぐ手あかで汚くなるし、手洗いが重要ということは理解できます。

最近、自販機やATMのボタンに「抗菌シール」が貼られているものと、見たことがあると思います。なんとなくインチキ臭く見えますが、世の中にはこうした「抗菌シール」や「抗菌コーティング」といったものがあります。素材に貼ったりぬったりすることで、不潔な菌を付きにくくする。よく見るものは銀イオン(Ag+)が配合されている製品。銀イオンはデオドラントスプレーなんかにも配合されています。具体的にはこんなものだとか。

銀イオンの抗菌原理(メディカル・エイド株式会社HP)

上記より引用:

取り込まれた銀イオンはタンパク質等に結合し、その機能を阻害し細胞分裂などができなくなり、タンパク質の機能障害によって活性酸素種が発生し、微生物細胞が死滅すると考えられます。
ほうほう。シンプルながらそのようがあるということですな。一方、人体には影響がありません。同じ殺菌剤でも塩素やオゾンなどと比べて安全なわけですな。上記HPによるとコロナウイルスにも効果がある。こういった素材を物に貼ったりコーティングしたりして、身近なものからウイルスが感染しないようにしたいものですね。

スポンサーサイト



検索フォーム

QRコード

QR

コメント

非公開コメント