ChromebookのLinux環境で日本語を使う。

前提条件

前記事の設定がすでに終わっているものとします。

日本語入力mozcのインストール

前記事 の段階では、日本語入力環境が未設定(表示はできる)で、日本語検索やブログ執筆などができません。
そこで、Linuxにmozcという日本語入力環境を入れます。
嬉しいことに、設定が終わるとChromeOSの日本語入力切り替えが透過的に動くようになります!(Linuxを意識する必要がない。

各種設定

ここでは以下記事を参考にしました。
Linuxの初期設定は終わっているはずなので「日本語フォントのインストールとロケールの変更」から始めましょう。
本当にこの通りでできましたので、コマンドの引用などは省略(他力本願

Chromebookからmozcを操る

設定が終了したら、いったんsudo reboot を実行し、再度ターミナルまたは「Linuxアプリ」からVivaldiを起動してみましょう。起動時からmozcが仕事しています。
しかもChrome側の「かな英数」または「Ctrl+Shift」でmozocのON/OFFができます!
Linux大好きな人はきちんとX-Windowを立ち上げて使っていますが、ChroneOSとシームレスにLinuxアプリを使用することも可能です。

最新VivaldiのAndroid版はChromebookでも起動可能に

ChromeOSを最新版にし、その上でGooglePlayでVivaldi最新版にアップデートしてみると、今度は正常に使用できるようです。ただし、うちの非力なChromebookでは、落ちたり、何かと不安定でした。先日入れたLinux版のほうがまだまだChromeOSでは安定して動くかな?という感じ。いずれにしても、Chromebook+Linux版Vibaldiで、安定したブログ執筆環境が整いました。


スポンサーサイト



検索フォーム

QRコード

QR

コメント

非公開コメント